非推奨機能

非推奨機能とは、Asakusa Frameworkのバージョンアップに伴う機能整理などにより利用を推奨しなくなった機能です。

非推奨機能は今後のメンテナンスは基本的に行われず、将来のバージョンで利用出来なくなる可能性があります。 非推奨機能の多くは代替となる機能が利用可能であり、各非推奨機能やリリースノートなどのドキュメントに記載の方法で代替機能を利用することを推奨します。

非推奨機能一覧

以下に、本ドキュメント内に記述している非推奨機能の注釈を一覧で表示しています。「記述箇所」のリンクより注釈を記述しているページに移動できます。

Deprecated

本書「Asakusa Gradle Plugin:非推奨機能」では、Asakusa Framework バージョン 0.10.0 で非推奨となっている Asakusa Gradle Plugin の機能をまとめています。 本書に記載する機能は、いくつかの制約の元で動作するか、すでに使用できなくなっています。

記述箇所

Deprecated

Asakusa Framework バージョン 0.10.0 以降、 Direct I/O TSV は非推奨機能となりました。 TSV形式のデータフォーマットを扱うには Direct I/O formatted text を利用することを推奨します。

記述箇所

Deprecated

Asakusa Framework 0.10.0 以降、 com.asakusafw.m3bp.buffer.accessunsafe を指定することは非推奨となりました。

記述箇所

Deprecated

Asakusa Framework バージョン 0.10.0 以降、Asakusa on MapReduce、および本書からリンクするAsakusa on MapReduce関連機能は非推奨機能となりました。 詳しくは、バージョン 0.10.0 の リリースノート を参照してください。

記述箇所

Deprecated

Asakusa Framework バージョン 0.10.0 以降、 spark.input.direct および spark.output.directfalse に指定した利用は非推奨となりました。

spark.input.direct , spark.output.direct のいずれかの値を false に設定した場合、 YAESSによるバッチアプリケーション実行にはHadoopコマンドを利用できる環境が必要です。 利用するHadoopコマンドの設定方法や検索方法については、 YAESSユーザーガイド を参照してください。

記述箇所

Deprecated

Asakusa Framework バージョン 0.10.0 以降、 WindGate TSV は非推奨機能となりました。 代わりに WindGate CSV や、 Direct I/O formatted text を利用してください。

記述箇所

Deprecated

本バージョンでは、 YAESS JobQueueの利用は非推奨となっています。

記述箇所