試験的機能

試験的機能とは、以下のいずれかに該当するような状態で公開している機能です。

  • 十分な検証が行われていない
  • 限られたプラットフォーム上でのみ動作する
  • 暫定仕様の状態で公開されているため、将来大きな仕様変更が行われる可能性がある
  • ドキュメントが未作成または十分ではない

試験的機能の多くはAsakusa Frameworkの将来バージョンで正式機能に昇格します。 ただし、状況によっては試験的機能から非推奨機能に移行する可能性もあります。

試験的機能一覧

以下に、本ドキュメント内に記述している試験的機能の注釈を一覧で表示しています。「記述箇所」のリンクより注釈を記述しているページに移動できます。

Experimental

Asakusa Framework バージョン 0.10.0 では、 TestTookTask は試験的機能として提供しています。

記述箇所

Experimental

Asakusa Framework バージョン 0.10.0 では、 IntelliJ IDEAの利用は試験的機能として提供しています。 将来のバージョンで本書の設定手順などが変更になる可能性があります。

本書では、 IntelliJ IDEA バージョン 2017.x を使った利用方法を説明します。 バージョンによっては本書とは異なる画面やメニュー体系になっている場合がありますので、 詳しくは IntelliJ IDEA のヘルプドキュメントなどを確認してください。

記述箇所

Experimental

Asakusa Framework バージョン 0.10.0 では、Direct I/O CLIは試験的機能として提供しています。

記述箇所

Experimental

Asakusa Framework バージョン 0.10.0 では、Direct I/O の入力フィルターは試験的機能として提供しています。

記述箇所

Experimental

Asakusa Framework バージョン 0.10.0 では、Direct I/O のHive連携機能は試験的機能として提供しています。

記述箇所

Experimental

Asakusa Framework バージョン 0.10.0 では、 Asakusa on Spark Iterative Extensions は試験的機能として提供しています。

記述箇所